計るだけダイエットのやりかた

意外とためしてガッテン計るだけダイエットの説明は理論的な部分が多いのでやりかたのところだけ引用しておきます。
ここだけで充分痩せます。

— 以下引用 —

  1. 体重を1日2回計ります。朝は起床直後トイレを済ませた後で。夕方は夕食直後です。
  2. 一目盛100グラムのグラフに記入し、折れ線グラフを描いていきます。
  3. 上がってしまったときには、自分なりの言い訳を書き込み、ストレスを感じないようにします。
  4. 目標は1日50~100グラム減らすこと。これならリバウンドを起こしません。
  5. 「寝る直前」欄には、寝る直前に計った体重を記入します。

・・・

グラフを活かすコツ!

このグラフを使うと、肥満の原因を探し当てるのにとても良いのです。

  • グラフ活用法 ・ その1「言い訳欄
    体重が上がってしまった日のグラフを見ると、ほとんどの場合言い訳欄が埋まっています。ストレスをためずに継続する目的の言い訳欄が、実は肥満の原因を探るのにとても有効なのです。

  • グラフ活用法 ・ その2「グラフの変化
    グラフの形にも肥満の原因を探るヒントがあります。通常、夕飯後に体重は増えても朝には下がります。夕朝の差が少ないのは夕食の量が多いか時間が遅いかのどちらかです。
    グラフがきれいなジグザクを描いて下がらない場合、その理由を探ることで肥満の原因がつかめるのです。

グラフがきれいなジグザクを描いて下がらない場合、その理由を探ることで肥満の原因がつかめるのです。


— 引用終わり —

どうです?簡単でしょう。
私が見たころはもっと簡単なページだった気がします。
ほんとかな?と思いながらやってみたら本当に痩せました。

計るだけダイエットのやりかた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください